最近は結婚式や結婚披露宴をしないカップルも増えてきました。
あまり形式にこだわらずに式や披露宴というよりはごくごく親しい友人や親族だけでちょっとした食事会やパーティなどで済ませてしまうことも多いようですね。
もちろん、役所に婚姻届を出しておしまい、といったカップルもたくさんいるようですが。
結婚披露宴
かつては職場の同僚やご近所さん、学生時代の友人などとにかく集められるだけ集めて大々的に披露宴を行うというの定番の結婚の様子でした。
最近は半分のカップルは結婚式も披露宴もしないんだそうですよ。
式や披露宴をしない理由としては時間がないとか、面倒だとか、お金かかかるからなどだと思います。

 

では、結婚式をする理由はあるのでしょうか。
そもそも結婚式というのは誰のためにやるのでしょうか。?
昔なら両親のためにとか言う答えが返ってきたかも知れませんね。
それも一つの理由ですね。
結婚というのは、二つの血のつながりがない家族が一つになることですから、これからは好むと好まざるとに関わらず、親戚関係が出来上がってきます。
ですから最初のスタートとして二つの家が親しく交わる最初の機会となるわけです。
そういった意味でも結婚式は重要だと思いますね。

 

結婚式は伴侶のためにするということですね。
特に男性にとっては自分が妻に選んだ女性が、美しく着飾って人生で一番自分が主役になる機会を提供してあげるという意味があります。
女性にとっては結婚式は自分が主役になれる人生で数少ない機会ですから、是非是非彼女を喜ばすためにもやってあげたいですね。

 

関連ページ

結婚式まで時間がない
結婚式までやせようと思って、自分なりに努力していたつもりだったのに、思ったほど痩せられなかった。そんな経験をしている方、残り時間が少ない時にもっと痩せるためにはどうしたらいいのでしょうか。